薄毛になりやすい体質

★TV・CMで話題沸騰中★
ヘアメディカル薬用スカルプD オイリー

薄毛は遺伝とよく言われていますが、遺伝するのは薄毛ではなく、「薄毛になりやすい体質」なのです。しかし、男性ホルモンと毛根部の男性ホルモン受容体との結びつきが高まると、髪をつくるための細胞分裂が鈍り、健康な髪の生育が阻害されてしまいます。男性ホルモンの受容体への感受性は遺伝によって引き継がれるといわれ、男性型脱毛になる要因のひとつとして考えられています。
でも、薄毛の原因は体質だけではありません。環境や生活習慣、ヘアケアなどで進行を抑えることができるのです。

髪の毛は毎日抜けている

薄毛とは何らかの原因で、髪が抜け落ちてしまい、その結果、頭髪が薄くなることをいいます。日本の成人男性薄毛率は25%を超えており、成人男性のおよそ4人に1人が「薄毛」であると言われています。
どんなに健康な髪の人でも髪の毛は毎日抜けているということです。しかし、抜けやすい状態になってしまっている頭皮、毛穴、毛髪があるのは事実です。薄毛で悩んでいる方は、まず、抜けやすくしている要因を見つけだすことが大切となります。

タンパク質を摂りましょう

髪の99%は、約18種類ものアミノ酸が結合してつくられた「ケラチン」というタンパク質からできています。その中でも最も多いアミノ酸はシスチンといい、これは体内でメチオニンからつくられます。メチオニンは体内で合成されない必須アミノ酸の為、食事で補わなければなりません。必須アミノ酸を多く含むのは、豆腐などの大豆製品や玄米、イモ類です。タンパク質を摂るには、これらの植物性の食品を食べる事が好ましいでしょう。

スポンサードリンク

育毛剤

薄毛は、頭皮や髪の毛の栄養バランスのみだれから来ることがあるので、このみだれたバランスを育毛剤によって正常な状態に戻すことも効果的です。普段の食生活だけはなく、このような育毛剤を使うと、頭皮の栄養バランスが改善されます。血行が良くなったり髪の毛の清潔性が保たれるので、薄毛に悩む人の多くが育毛剤を使っています。